公務員 文書 書き方

スポンサードリンク

公務員文書の書き方とは

公務員の文書の書き方とはどんなことに気を付けるべきなのでしょう。
公務員が書く公文書も読む人に意思や事実を伝える実用文書です。
実用文書ならわかりやすくなければなりませんね。
公務員の事務は住民の理解のうえに成り立っているものです。
住民に対して行政がなにをしているのか、またなにをしたのか。
これを分かりやすく伝えることはとても大切なこと。

 

公務員の文書の書き方には一定のルールがあります。
実際の公務員の方々でも、
・ルールは無くても、相手に伝わればいい
・関係者が分かれば細かく書く必要はない
・口頭で理解してもらえれば文書はいらない
という考え方をもっている方が多数います。

 

スポンサードリンク

 

確かに、日常生活における個人的なやり取りはそれでいいでしょう。
しかし、公務においては違います。
なぜなら、公務で作る文書は、当事者同士におけるやり取りだけでなく、
現在そして将来の住民に対する「説明責任」を果たすための資料なんです。
つまり、住民のためには客観的で分かりやすい資料を残す責任が公務員にはあります。

 

ですから、公務員の文書の書き方には、通常の日本語の書き方のルールより
さらに詳しいルールが決まっています。
身がまえないでいただきたいのは、公務員の文書の書き方のルールは、
難しい文書を書くためのものではなく、分かりやすい文書を書くためのものです。そこをご理解ください。

 

住民の権利や義務について書かれた文書が正確でなければ、住民に誤解を与えてしまいます。
また、読み手によって解釈が変わる文書では、行政に混乱を招くことになります。
公務員の文書の書き方は、だれが読んでも、同じ解釈で、正しく理解できる文書を書くことが大切。
ですから、公務員の文書の書き方にはルールがあるんです。
当サイトではそんな公務員の文書の書き方や保存や管理のルールをご紹介していきます。
また、公文書の形式と文例もありますのでご参照ください。

 

また、公務においては専門用語が多く、業務も分かりにくいと思います。
関心のあるキーワードから調べたい場合、サイト内検索ご活用ください。
(※検索窓は、PCならサイト右上、スマートフォンなら一番下にあります。)

 

スポンサードリンク