公務員 文書 書き方

スポンサードリンク

公文書の真正性とは

実は公務員が書く文書の公文書について、民事訴訟法は以下の通り言及しています。

 

<民事訴訟法>
(文書の成立)
第228条 文書は、その成立が真正であることを証明しなければならない。
2 文書は、その方式及び趣旨により公務員が職務上作成したものと認めるべきときは、真正に成立し
た公文書と推定する。
3 公文書の成立の真否について疑いがあるときは、裁判所は、職権で、当該官庁又は公署に照会をすることができる。

 

つまり、裁判における証拠として公文書が用いられた場合、
「公務員が決められたルールの基づいて書いた公文書は真正である」と民事訴訟法は認めてくれるんです。

 

スポンサードリンク

 

仮に公務員が訴えられた場合、公文書が証拠として採用されれば、
反証は訴える側がしなくてはいけません。
ルール通りの公文書を作成することで自分の身を守ることにもなります。

 

しかし、逆に公務員が職務上作成したとしても、その方式がルール通りでない文書の場合、
裁判において真正であると認められません。
真正に成立したことの証明責任を公務員が自ら負うということです。
日々の文書の書き方も見直す気になりましたでしょうか。

スポンサードリンク