公文書の配字位置などの原則

スポンサードリンク

公文書の配字位置などの原則

空白の使い方

(1) 文の最初の行と新たに起こした行の始めの1字分は、空白にします。
ただし、表彰文と証明文の一部(証書)については、空白にはしません。
(2) 句読点を使わない文(表彰文と証書)の場合は、句点(。)を使うべき箇所を1字分空白にします。
(3) 文の項目につける見出し記号(1 2 3 (1) (2) (3) ア イ ウ)の次には、読点やドットを打たず、1字分空白にします。

 

改行の使い方

(1) 次の言葉を使って、完結した前の文に対する独立した形の補足説明などをする文書を続けるときは、行を改めます。
なお おって また さて ついては ところで
(2) 次の言葉などを使って文書を続けるときは、行を改めずに前の文に続けます。
ただし この その このため その際 この場合において

 

スポンサードリンク

 

記号の配置

句読点、なか点、コンマ、ピリオド、括弧、かぎ括弧などは、1字分として扱います。
ただし、次の場合は1字分として扱いません。
(1) 句読点、なか点、コンマ、ピリオドが行の最初になるとき
行の最初には書かず、前の行の最終字の後に書きます。

 

【誤り】
○○○○○○○○○○○。ただし
、○○○○○○○○○○○します

 

【正しい】
○○○○○○○○○○○。ただし、
○○○○○○○○○○○○します。

 

(2) 括弧、かぎ括弧が行の最初又は最後になる場合
“(”と“「”は、行の最後の位置には書かずに、次の行の一文字目の前に書きます。
“)”と“」”は、行の最初の位置には書かずに、前の行の最終字の後に書きます。

 

スポンサードリンク