「外来語・カタカナ語」は伝わる言葉に言い換える

スポンサードリンク

「外来語・カタカナ語」は伝わる言葉に言い換える

公用文における外来語・外国語の使用について

現在、日本では公用文やマスコミなどにおいても、多くの外来語や外国語(いわゆるカタカナ語)が使用されています。
外来語は、これまで日本になかった事物や考え方を表現するためには非常に便利ですが、一方でむやみに使用するとかえって受け手の混乱を招くことになります。

 

公用文は多くの人に正確に分かりやすく情報を伝える必要がありますので、一般になじみの低い外来語を多用するのは適切ではありません。
基本的な考え方としては、公用文において外来語を使用するのは
@既に十分日本語化しており、理解に支障がないと考えられるもの
A他に適切な日本語の言い換えが見当たらないものに限られる
このような場合のみです。

 

スポンサードリンク

 

外来語の言い換え

一般になじみの低い外来語が、官公庁が発行する文書やマスコミで多用されているという問題を受け、平成15年、国立国語研究所に「外来語」委員会が設置されました。
「外来語」委員会では、「「外来語」言い換え提案」を3回にわたって発行しており、以下に示す言い換え案は、それに沿ったものです。ただし、この言い換え案は、外来語を使用せずに言い換え案を使用しなければならないとしているものではありません。
あくまで、言い換えが必要なときにどのような日本語が最も適切であるかという目安を示しているだけです。
言い換えるべきかどうかは、対象者等によっても異なりますので、状況に応じて判断します。

 

(1) 言い換えない方が分かりやすいもの
外来語の中には、「ボランティア」「サービス」などのように、すでに十分浸透しており、日本語に言い換えるとかえって分かりづらくなるものもあります。
また、共通の専門知識を持つ人を対象にするのであれば、言い換えない方がより正確なニュアンスを伝えることができます。
(2) 言い換え語や言葉の意味との併記が望ましいもの
今までの日本語にない、新しい概念を示すためにあえて外来語を使用するときには、「( )」等で言い換え語などを添えるほうが、相手が理解しやすくなります。
(3) 対象者で判断する
外来語の理解度は、世代などによっても異なります。
一般には広く浸透していても、高齢者には理解されていないこともあります。
言い換えるか、あるいは注釈をつけるかなどは、その文書が対象としているのは誰なのかによって判断する必要があります。

 

外来語の言い換え案(国立国語研究所「外来語」委員会)

以下に挙げるのは言い換えの一例です。
他の外来語も言い換え例は示されていますので、必要に応じて国立国語研究所のホームページ等を参照してください。
また、外来語の扱いは時代により頻繁に変化していますので、最新の情報を参考にするよう注意してください。

 

アーカイブ(保存記録・記録保存館)
アイドリングストップ(停車中エンジン停止)
アウトソーシング(外部委託)
アカウンタビリティ(説明責任)
アクションプログラム(実行計画)
アクセス(接続・交通手段・参入)
アジェンダ(検討課題)
アセスメント(影響評価)
アメニティー(快適環境・快適さ)
イニシアティブ(主導・発議)
インターンシップ(就業支援)
インタラクティブ(双方向的)
インフォームドコンセント(納得診療・説明と同意)
オブザーバー(陪席者・監視員)
オンデマンド(注文対応)
ガイドライン(指針)

グランドデザイン(全体構想)
ケーススタディ(事例研究)
ケア(手当て・介護)
コミュニティ(地域社会共同体)
コラボレーション(共同制作)
コンセプト(基本概念)
コンセンサス(合意)
コンテンツ(情報内容)
コンプライアンス(法令遵守)
シェア(占有率・分かち合う・分け合う)
シフト(移行)
シミュレーション(模擬実験)
スキル(技能)
スタンス(立場)
セキュリティ(安全)
タイムラグ(時間差)

ツール(道具)
デイサービス(日帰り介護)
デリバリー(配達)
デフォルト(初期設定)
トレーサビリティ(履歴管理)
ノーマライゼーション(等生化・等しく生きる社会の実現)
パブリックコメント(意見公募)
パートナーシップ(協力関係)
バックアップ(支援・控え)
バリアフリー(障壁なし)
ビジョン(展望)
プレゼンテーション(発表)
フレックスタイム(自由勤務時間制)
プロトタイプ(原型)
マスタープラン(基本計画)
マネジメント(経営管理)

マルチメディア(複合媒体)
メンタルヘルス(心の健康)
ユニバーサルデザイン(万人向け設定)
ライフライン(生活線)
リーフレット(ちらし)
リアルタイム(即時)
リテラシー(読み書き能力・活用能力)
リニューアル(刷新)
ワーキンググループ(作業部会)
ワークショップ(研究集会)

 

スポンサードリンク